ザガーロの効果と有効性

主成分が男性ホルモンから分泌される成分

ザガーロに効果があると言われているのは、主成分が男性ホルモンから分泌される成分を阻害する薬だからです。今まで前立腺肥大の薬として日本では使用されてきた薬の成分とほぼ同じなのです。違いはAGAの治療薬であるか、前立腺肥大の治療薬であるかという、使用用途によって名前を変えているだけです。このザガーロは従来AGAの薬として使われて来たプロペシアの1.5倍の効果があると言われています。なぜなら、この主成分は抜け毛抑制に関する原因の2種類を抑制する事ができるからです。プロペシアはその内の1種類しか抑制できていなかったのです。薄毛や脱毛症の場合は前頭部、頭頂部、後頭部、側頭部の四カ所によって関係する抜け毛の因子が変わってきます。どちらの因子であっても対応出来るのが男性ホルモンから分泌される成分を阻害する薬であり、それを主成分としているザガーロだからこそ有効性が確認されていると言うわけです。

ザガーロ
飯田橋クリニック

2つのAGA薬を比較

又、従来のプロペシアは1つの因子しか抑制できませんでしたが、その1つが抑制できさえすればかなりの薄毛は改善する為承認されていました。完全に抑制したい、或いは従来のAGA薬では効果が感じられないと思った場合にザガーロを使うというのが最善の方法のようです。そして、この2つのAGA薬を比較すると、ほとんどの場合やはりザガーロの効果が高いことが証明されています。この為、ザガーロは従来のAGA薬よりも高い効果があると言われています。しかし、副作用はどうでしょう。もし副作用が高いようであれば有用性、有効性としては他のAGA薬ほどではなくなるかもしれません。これは日本においては、従来のAGA薬の約2倍の副作用が出たとされています。副作用としては主に勃起不全や女性化乳房として出てくるようです。しかしながら、海外の臨床試験では副作用の発現率がほとんど変わらなかったという結果が出ています

つぎのページ⇒日本では研究が海外よりも遅れている

ホーム